ハワイウェディング Happy Story

おめでた婚のハワイウェディング
ハワイウェディングHappyStory

Home > これからハワイウェディングをする人へ おめでた婚のハワイウェディング
これからハワイウェディングをする人へ
おめでた婚のハワイウェディング

おめでた婚のハワイウェディング 妊娠おめでとうございます! ハワイウェディングを挙げようと早々と用意していたら、おめでたになってしまった方。おめでたになったから慌てて結婚式を挙げようとしている方。どちらも予定が変わって焦ってしまったりはするかもしれませんが、おめでたいことに変わりはありません。
Mariの友人にも、何人かおめでた婚を挙げた友人がいます。中にはハワイウェディングをしたくて両親を説得している途中でおめでたになり、逆に妊婦が長距離を飛行機で移動するものじゃないと窘められてしまった友人もいます。
確かに、急に具合が悪くなった時、日本の方が安心だと思われがちですが、ハワイでも準備しておけば安心して過ごすことが出来ます。

ハワイでおめでた婚をするにあたり

ハワイでおめでた婚をするにあたり 日本からハワイまでは6時間かかります。正常妊娠の妊婦は、フライトは危険がないと言われているので安心して下さい!より安心して乗りたい方は、12週以降36週前の搭乗が望ましいとされていますので、ぜひこの期間にハワイウェディングを挙げられるように計画してみましょう。航空会社によっては、妊娠何週以上は搭乗不可と規定しているところもありますので、注意が必要です。
また、ハワイウェディングの相談をする際には、必ず妊娠のことを伝えて下さい。マタニティプランのある会社もありますし、式場の方も慣れているので、妊婦さんに対して様々な準備をしてくれます。

妊婦さんの体調

妊婦さんの体調 人によって個人差がありますが、だいたい妊娠2ヶ月目からつわりが始まって体が怠くなり、妊娠の兆候が見られるようになります。
3ヶ月目には、つわりがピークになり眠気が襲ってきます。この頃、マタニティブルーになる方も大勢います。
4ヶ月目に入ると、妊娠の初期症状がおさまってきます。ホルモンの影響で肌荒れしたり、お腹のふくらみを感じ始めるのもこの頃です。
5ヶ月目に入ると、安定期に入ります。ハワイでおめでた婚をするならこの頃が理想的ですが、人によってはお腹がすでに目立ってしまう方もいます。
6~7ヶ月目に入ると、さらにお腹が目立つようになります。36週過ぎると、長距離のフライトに不安が出ますので、この頃までにハワイウェディングを終えておきましょう。

海外旅行保険に入ろう

海外旅行保険に入ろう 妊婦は病院を利用する可能性が高くなりますから、海外旅行保険に加入しておくことをおすすめします。22週を越えると海外旅行保険に加入出来なくなりますので、その場合は実費を覚悟して下さい。海外旅行保険の内容は保険会社ごとに変わって来ます。
妊娠が原因での治療に対しても補償があるのかないのか、もし異常が起きた時に24時間対応で病院を紹介してもらえるのかなど、どんな時に保障を受けられるのか確認しておきます。

また、もしもの時のために自分でも日本語対応可能な病院を確認しておくと安心です。英語が得意ならどの病院でも問題なく意思疎通出来ますが、カタコトの英語で自分の症状を説明するのって難しいですし、特にテンパってると余計に言葉が出て来なくなってしまうものですよね。

6時間のフライトにおける注意点

6時間のフライトにおける注意点 フライト中は、妊婦に異常が出ても空の上なので病院に搬送して処置を行うことが出来ません。出血や腹痛、極度の貧血、繰り返す血栓性静脈炎がある場合や、切迫流産、切迫早産、習慣流産、子宮外妊娠、頸管無力症、前置胎盤、妊娠中毒症などの状態の方は残念ですが搭乗を諦めて下さい。また、飛行機に乗る前には、必ずお医者様に相談しておきましょう。
飛行機では気圧の影響を受けて腸管内のガスが膨張するので、炭酸飲料は避けるようにします。シートベルトの長さが足りない場合は、乗務員の方に伝えれば、延長用のベルトを取り付けてくれます。無理矢理シートベルトを付けるのは、お腹を圧迫してしまうので絶対にしないで下さい。
楽な姿勢を取り、寝るのがおすすめ。特に、行きに寝続けると時差ボケになり辛くなるという効果もあるので、やはり思い切って寝てしまいましょう。帰りは起きていた方が時差ボケを起こしにくいのですが、妊婦さんは時差ボケよりも身体への負担を考え、楽な姿勢で寝ることで疲れを取って下さい。また、起きている時はエコノミー症候群にならないよう、定期的に通路を歩くことも大切です。ずっと座ったままだと足もむくんでしまいますので、ストレッチなどをしましょう。機内は乾燥しますから、マスクを着けたり小マメに水分を取ったりすることも重要です。
週数によってはお医者様の診断書が必要になります。航空会社によって規定が違いますので、よく確認しておきましょう。
(外資系の航空会社でも妊婦搭乗には規定があります。必ず前もって確認し、手続きをして下さい。)

マタニティドレスの選び方

マタニティドレスの選び方 おめでた婚では、女性はやっぱりドレスが気になりますよね。ふんわりとしたデザインのドレスはお腹を締め付けません。プリンセスラインやAライン、エンパイアラインのドレスを選ぶと、ゆったりと着こなせます。マーメイドラインやスレンダーラインは身体の線が分かりますので、おめでた婚ではおすすめ出来ません。
大人っぽい身体のラインの分かるドレスをどうしても着たいのなら、赤ちゃんが生まれた後で、赤ちゃんと一緒にハワイウェディングを挙げるのもおすすめです。
将来、子供が大きくなって、ハワイウェディングをママと一緒に挙げている写真を見たら、きっと喜ぶと思います。素敵なことですよね。

赤ちゃんへのビデオレターを送ろう

赤ちゃんへのビデオレターを送ろう 赤ちゃんがお腹にいる状態、つまり親子3人で挙式出来るなんて、すごい奇跡です!将来、赤ちゃんが大きくなった時に、「この中にあなたもいて一緒にウェディグしたんだよ」と言えるのはおめでた婚のとても良い点です。
でも、せっかくですので、ウェディング姿でお腹の中の赤ちゃんへビデオレターを撮り、子供が理解出来るくらいの年齢になった時に、見せてあげてはいかがでしょうか。親子の絆が、より深まりそうな気がしませんか?

Mariのハッピーハワイウェディング体験談
ページトップへ戻る