ハワイウェディング Happy Story

両親への挨拶まわり
ハワイウェディングHappyStory

Home > お付き合いからハワイウェディングを決めるまで Hiroくん男をみせる! 両親への挨拶まわり

お付き合いからハワイウェディングを決めるまで Hiroくん男をみせる! 両親への挨拶まわり No.1

パラダイス気分も帰国から急転直下、バレちゃった!

まさかのハワイ旅行と電撃プロポーズ。
普段、寡黙な男の人が常夏の楽園に行くとこうも予想外の行動をするんだ、と驚いた私。とは言いながらも頼りがいのあるHiroくんの一面にMari、すっかりキュンキュンしていました
でもね、それで浮かれていちゃいけなかったことに、ふたりして全然気がついていなかったのが痛かった!
だって、気分はすっかり新婚さんみたいだったんですもーん。
そりゃ帰りの飛行機の中でテンション上がっていちゃいちゃしちゃうわよね?

そしたらね……。はい、見つかっちゃいました!

成田空港で営業推進統括部の武田部長に。なんでこんな時にニューヨーク出張なの~、ありえない(涙)。
目が合った瞬間、Hiroくんはヘビに睨まれたカエル状態。私は反射的に逃げようと体が動きかけました。
彼は「行ってらっしゃいませ、武田部長!お疲れ様です」なんて訳分からない挨拶してるし、もうバレバレです。
はぁ、帰国早々波乱の予感。ハローワークに通わなくちゃダメってことかも。

規定違反で上司からの尋問にMari、ノックアウト

規定違反で上司からの尋問にMari、ノックアウト

休暇を終えての初日から、それはもう視線が痛い痛い!どうしてこういう噂ってあっという間に広まるんだろ。
同期の皆は「麻里がこんなに情熱的だったとは」「全然分からなかった、意外なカップルだもん」「婚前旅行だなんてやるじゃん。どうだった?」なんてストレートに聞いてくるから逆に気が楽だったけど、問題は上司。業務時間中は何も言わないけど眼鏡の奥の目がすべてを物語ってる。
なんてことしてくれたんだ、って。
案の定、就業時間後に会議室への呼び出しを受けてまさに尋問!としか言えないことをあれこれ聞かれました。
規則を破ったことに対してどう考えているんだ、と言われた時には、私たちってまるで犯罪者みたいじゃないって頭にきたけど、確かに規定違反だし、何も言えなかった。

どうしよう、Hiroくん。やっぱり私、クビかも~!

帰宅した私がどんより真っ暗な顔しているから、家族は何があったんだと心配顔。でもハワイ旅行へ彼と行ったことは家族にもナイショだったし、それが原因で退職しなくちゃいけないかもなんてこと、やっぱり口が裂けても言えないじゃん。
Mari、食い意地が張っているくせに夕飯ひと口しか食べられなかったわ。

突然の来客!「Mariさんを僕にください」宣言

部屋に引きこもっても何も手につかない状態。上司から3日後に結果を知らせると言われた以上、今の会社にいられないのはほぼ確定っぽい(涙)。
この日、何十回目かの溜息をついた時、インターフォンを鳴らす音が下から聞こえてきた。

もう、こんな時間に誰?近所の回覧板かと出てみたら、花束とケーキの箱を持ったHiroくんが立っていた。

突然の来客!「Mariさんを僕にください」宣言

ええっ!何で?どうして?とびっくりしていると、何事かと両親まで出てきてMari、大パニック!Hiroくんはそんな私にお構いなしに、怪訝な表情の両親にきちんと挨拶をし、家に上がってしまったからさあ大変。
後にして思えば彼だって相当緊張していたようで、手と足がロボットみたいに一緒に動いてたような?(笑)
とにかく何に対しても慎重で真面目なHiroくんは責任を取るとばかりに乗り込んできたみたい。
もちろんMariもそんな誠実な気持ちは嬉しいけど、それと同じぐらい怒っていたのも確か。
だって来るなら来るって、私には言っておくべきだと思わない?
結果、あまりにも唐突だし、しかもふたりで婚前旅行となったハワイ行きも正直に告白しちゃうしで、Hiroくんはパパに2発、ぶん殴られていました(笑)。その2発目は綺麗に顎に決まってシロクマさん、あっけなく撃沈!
殴ったパパもマンガみたいだと驚いたみたいで、皆で介抱までする始末。
それでも最後は娘が選んだ男だ、信じるかと言ってくれたパパにMari、キュンときちゃいました。
ありがとう、パパ、ママ。
MariはHiroくんと幸せになります!あれ?仕事どうしよう…。

続きを読む

Mariのハッピーハワイウェディング体験談
ページトップへ戻る