ハワイウェディング Happy Story

大興奮のハワイウェディングドレス&タキシード選び
ハワイウェディングHappyStory

Home > リゾート挙式の前準備 大興奮のハワイウェディングドレス&タキシード選び
リゾート挙式の前準備
大興奮のハワイウェディングドレス&タキシード選び

大興奮のハワイウェディングドレス&タキシード選び 当日の一番の楽しみといえばやっぱりウェディングドレスとタキシード衣装です。 Mariはこの日のためにどれだけたくさんのドレスを見て、試着してみたことか。もちろんHiroくんにはナイショで。
Mariはメチャクチャ背が高い訳ではないし、スタイル抜群よ!とも言えない純日本人的体型なので(苦笑)、この種類選びにはかなり悩みました。
きっと大半の皆さんもそうだと思うので、種類とポイントだけでもアドバイスしていきたいと思います。

ウェディングドレスのシルエット

ウェディングドレスのシルエット ドレスを選ぶ際のポイントといえばやっぱりシルエットの美しさでしょう。
でも、このデザインにばかり気を取られてしまうと、身体をしめつける部分がきついとか、動きにくいといったマイナスポイントを見失いがちになります。
ハワイウェディングの場合はビーチフォトも考えている人が多いだけに、挙式後そのままビーチで撮影する点も考え、動きについては試着の際、色々なポージングをとってみるのもいいかもしれません。
恥ずかしいなんて忘れてしまいましょう(笑)。

ドレス全体のシルエット

Aラインドレス スレンダーラインドレス
Aラインドレス まさに着た時のシルエットがアルファベットのAに似ていることから名前がついたドレスラインです。
ウエストの位置が高く、そこから裾広がりにスカート裾が広がっているデザインなので、実際よりもスタイルがよく見えるのが特徴です。実はどんな体型の人でもスッキリと見えるラインが出やすいので、迷った時はこのタイプにするといいかもしれません。
スレンダーラインドレス スカートにボリューム感を入れない、直線的で体のラインが出やすいシルエット。これはかなり自分に自信がないと難しいかも。
シンプルさとエレガントさが魅力なので、背が高くてスリムな女性にこそ、ぴったりです。
エンパイアドレス マーメードラインドレス
エンパイアドレス バスト下からスカートの切り返しが始まり、直線がそのまま下に伸びたシルエットドレスです。
ウエストにしめつけがないことからも妊婦さんが重宝するのがこのドレス。
マーメードラインドレス その名の通り人魚を意味したドレスです。
上から膝までが体にフィットしていて、膝より下をギャザーやレースでふんわり広げているのが特徴でもあります。
特にヒップラインが強調されるため、メリハリボディの方なら着こなせそう。グラマラスで優雅な雰囲気を持つ人向けです。
プリンセスライン ミニ丈スタイル
プリンセスライン ウエストより上の上半身がしっかりフィット、スカート部分はパニエやギャザーからふんわりボリューミーなタイプのドレス。
柔らかな印象を与え、まさにプリンセス風の可愛らしさが出せます。
Mariもこのドレスに最終的に決めました!
ミニ丈スタイル

スカート丈が膝より上だけに、若い新婦に人気のデザイン。
どちらかというと厳粛な場所ではなく、ガーデンウェディングやレストランウェディング、南国のリゾートで挙げるカジュアルなものの際にピッタリです。

キュートでセクシーな印象のこのドレス、Mariも着たかったなぁ。あと5歳若かったら……。

タキシードの種類

サイズ感が大事なタキシード選び。自分の好みよりも、この体型にフィットしているかどうかが重要です。Hiroくんは背が高くがっしりしているシロクマさんなので、タキシード、超かっこよかったです!!!

フロックコート タキシード
フロックコート 長身なほどバランスよく見えるのがこのタイプ。昼夜に関わらず着用出来ます。 タキシード 夜の準礼服といえばこれ。万人に向いているので、迷った時はチョイスしてみて。
ロングタキシード モーニングコート
通常よりも丈が長いコートでファッション性も高いです。実はHiroくんにはこのロングタキシードを着てもらいました。格好良すぎて死にそうでした、Mari。 昼の正礼服。前が山形のカットで、後ろが長めになっているデザインが特徴。クラシカルで格調高い雰囲気が出せます。これも着せたかったなぁ。
テールコート(燕尾服)
昼の正礼服がモーニングなら、このテールコートは夜の正礼服にあたります。前が短く後ろが長い、まさにツバメのような格好よさです。
続きを読む
Mariのハッピーハワイウェディング体験談
ページトップへ戻る