ハワイウェディング Happy Story

理想とする教会探し
ハワイウェディングHappyStory

Home > リゾート挙式の前準備 理想とする教会探し
リゾート挙式の前準備
理想とする教会探し

理想とする教会探し ハワイならではの結婚式を挙げたいと思った時、最初に思い浮かんだのは教会。 女性に生まれたなら一度は真っ白の純白ウェディングを着て、バージンロードを父親と歩いてみたいって思うでしょ?
Mariはどうしても親孝行としてこの儀式をやってみたかったから、どの教会が自分たちにピッタリくるかと調べまくりました。思いきりお姫様気分を味わえるところや、ハワイならではの神聖なもの、颯爽と青空の下でやるものなどバリエーションの多さから迷うところ。
そこでどんなところにポイントを置いたら選びやすいか、Mariなりに考えてみたので参考にして下さいね。
ハワイならではの結婚式を挙げたいと思った時、最初に思い浮かんだのは教会。

セント・マークス・エピスコパル教会【オアフ島】

ハワイのロイヤルファミリーといわれているクイーン・エマが創設した、ハワイ王朝ゆかりの教会。
迫力は壁一面が十字架で象られたステンドグラスです。
100年の歴史あるパイプオルガンでの演奏は痺れるぐらいの感動を与えます。バージンロードは赤で15mあります。

セント・エリザベス・エピスコバル教会【オアフ島】

ベージュと淡いピンクが可愛い外観が印象的な教会。イギリス風の格調の高さが魅力でもあります。
ハワイでは珍しく冷暖房完備なので、暑がりな人でも安心です。あと、ティファニーのステンドグラスは必見かも!
バージンロードは25mの赤です。

カワイアハオ教会【オアフ島】

白亜の4本柱が特徴的な最上級のパイプオルガンが重厚な響きを聴かせてくれる、オアフ島最古の教会です。なんでも1842年にカメハメハ3世の時代に建てられたとか。
ちなみにカワイアハオの意味は「ハオ女王の聖なる水の池」だそうです。今ではこの教会、ハワイの重要文化財に指定されています。
見事なのは2500本のパイプを連ねたパイプオルガンが奏でる52種類の音色
外壁には珊瑚1万4千個をあしらっています。バージンロードは24mの赤で、幅は1.4mもあります。

セント・クレメンツ教会【オアフ島】

ワイキキの街の中にひっそりと佇む三角屋根が特徴の小さな教会。
中は船底を象った木材の温かみが溢れた天井が印象的。バージンロードは赤で10m、パイプオルガンも備えています。

グランド・ワイレア・シーサイド・チャペル【マウイ島】

世界でも屈指の最高級リゾートホテル、グランド・ワイレアの中に建つ本格的なチャペル。
マウイ島ではアメリカ人に人気ナンバーワン!だそうです。
あのベルサイユ宮殿から譲り受けたガゼボや散歩道、噴水前と、撮影ポイントもたくさんあるし、天井まで届くステンドグラスは本場ベネチアで造られたとか。格式の高さではピカイチですね。バージンロードは10mの赤です。

続きを読む
Mariのハッピーハワイウェディング体験談
ページトップへ戻る