ハワイウェディング Happy Story

現地のウェディング・プロデュース会社を探そう
ハワイウェディングHappyStory

Home > リゾート挙式の前準備 現地のウェディング・プロデュース会社を探そう
リゾート挙式の前準備
現地のウェディング・プロデュース会社を探そう

現地のウェディング・プロデュース会社を探そう ハワイ挙式を具体的に決めるにあたって、一番悩んだのがプロデュース会社選びです。 だって、どこにお任せするかによってすべて決まってしまうんですよ。もう他の方が力を持っていたのに!って悔やんでも一度お任せして現地に行ったらやり直し効かないし。
Mariたちが調べれば調べるほど、ハワイでのことはすべて目からうろこっていうか、考えもしなかったことばかり。
例えばオアフ島にたくさんチャペルはあるけど、実は純然たる教会って「キャルバリー・バイ・ザ・シー」教会だけで、他は商業用の教会だったとか。これって驚きでしょ?
まさにリゾート挙式がブームだからって他は建てられたの???と驚きました。
もちろん他にも純粋な昔からの教会はたくさんあります。でもね、日本人がハワイで挙式したいっていう夢を叶えてくれるところは「キャルバリー・バイ・ザ・シー」教会だけで、あとは宗派の問題とかでも対応していません。
なので、商業的な目的で日本の企業等が建てた教会で挙げるしかないんですね。
チャペルのことひとつでもこうですから、もう何をどう考えればいいの?と思いつつ、根が楽観的な私たちは「へー!そうなんだ」と楽しんで調べていたのが現実でした(笑)。

P会社とは?

よく、口コミやハワイ系のサイトを見ていると当たり前のようにP会社という言葉が出てきます。
内容から推理すると、挙式に関することをいっているのは何となく分かる。でも何なのよ、その本当の意味!ってことで調べました。簡単にいえば挙式関連を取り仕切ってくれるプロデュース会社をP会社と呼ぶそうです。
具体的にはゲストをどこに呼びたいのか、式の当日にどんな動きをするのかの細かい手配、必要な調整、リムジンの時間調整やフラワーシャワーの後片付け、荷物の手配といった、現地でのすべてのコーディネートも含め、行ってくれる会社です。
こういうことは当然、新郎新婦の私たちがやれることではありませんから、こうしたことを一手に引き受けてくれるP会社こそ重要なのです。

賢いP会社選び

賢いP会社選び いくらHiroくんが英語が堪能だとはいえ、Mariは全然話せないから彼にだけ負担を掛けていいわけありません。
なので日本語が話せるスタッフが当日も付きっきりでケアしてくれるところにお願いするのが第一条件でした。
大手の旅行代理店でもパックを用意していますが、そんなありきたりな観光パックみたいなものよりは、日本に代理店を置いている現地のP会社の方が様々な現地プランが豊富だったりします。
面倒なことは出来れば避けたい、予算があるというなら大手の国内会社で依頼するのもいいかもしれませんが、それこそ挙式は一生に一度の経験です。どうしてハワイで挙げたいのか、そこをもう一度思い出し、自分たちらしいものが出来るP会社選びをしてみて下さい。
現地のP会社ならこちらからのメールによる質問に対し、こまめに連絡を返してくれるところは、実のところオススメだったります。問題が解消するよう、しっかり聞いてみて下さいね。

続きを読む
Mariのハッピーハワイウェディング体験談
ページトップへ戻る