ハワイウェディング Happy Story

結婚式の事前準備(日本編)
ハワイウェディングHappyStory

Home > リゾート挙式の前準備 結婚式の事前準備(日本編)
リゾート挙式の前準備
結婚式の事前準備(日本編)

日本から渡航して、実際に結婚式を挙げるにはどうしたらいいのか。 ハワイで挙式ってだけでわくわくするのは当然のこと。
私たちだってリゾート地で挙げなかったら、こんなに自分たちの気持ちを表には出せなかったはず。だってふたりとも普段はそんなに派手じゃないし、ハジけることも出来ないから。
日本では大々的な結婚式を行う人が年々減っているそうです。不況もあれば家族間の関係が薄くなっているというのも一因みたい。
そうなると国内で挙げるよりも費用が安くて、しかもドラマや映画に出てくるようなロケーションでもあるハワイは憧れだけでなく現実的に選択しやすいんですよね。
そこで日本から渡航して実際に挙げるにはどうしたらいいのか、私たちのケースや調べたことからお伝えしたいと思います。

準備はやっぱり1年前からにしよう

準備はやっぱり1年前からにしよう 日本だったら思い立ったら結婚式!と考えてもどこかしら式場の予約は出来るもの。
でも、これはハワイでの挙式には通用しません。
前にも書きましたが、人気のチャペルが1年前から予約を始めていて直ぐに埋まってしまうという、1年前計画が大事だからです。
それに参列してくれるゲストの皆さんにも予定をつけていただくために、そのぐらいの時間をもって挙式を考えて下さいね。

費用については余裕をもって計画を

費用については余裕をもって計画を これは私たちも結構悩んだ問題です。よく挙式に関して日本の代理店がHPに掲載しているけど、そのほとんどがシンプルなプランです。これに自分たちの好みやこだわりを入れていくとオプションという形で別費用がかかってきます。
つい、かかってしまう費用が莫大ではないなら、とプラスしていくと結果、とっても費用がかさんでしまったという話を聞きます。
まして両家が結ばれるための結婚式です。余計にかかってしまった費用の負担をどう割り振るかで揉め、互いに気まずくなるのは問題外ですよね。
また、友人をお招きする場合は自費で列席してもらうのが一般的です。その分、ご祝儀は辞退しましょう。海外挙式は参列人数が少ないケースがほとんどですから、割安で出来る分を渡航費や宿泊費に当て、参列者への負担を減らしてあげて下さいね。
その意味でも結婚式で予定する費用はあらかじめきっちり決めておいて、予算オーバーにならないようにプランを立てていきましょう。

打ち合わせは現地へ行くべき?

打ち合わせは現地へ行くべき? 日本で結婚式をする場合、当然のように会場選びや下見、打ち合わせといったことすべてが式場担当者と会って、行わないといけません。
でも、ハワイウェディングの場合はそんな面倒な打ち合わせのほとんどをメールでのやり取りで済ませることが出来ます。
今ではネットの検索であれこれ請け負っている会社が見つかるし、そこが信頼に値するところかどうかも口コミや実際に挙げた人のブログで確認出来ます。
画像もUPされているから現地に行ったかのようにイメージしやすいし、色々イメージしやすくてガイドブック買うよりお得ですよ(笑)。

続きを読む
Mariのハッピーハワイウェディング体験談
ページトップへ戻る