ハワイウェディング Happy Story

知っておきたい海外リゾート挙式の心得
ハワイウェディングHappyStory

Home > リゾート挙式の前準備 知っておきたい海外リゾート挙式の心得
リゾート挙式の前準備
知っておきたい海外リゾート挙式の心得

知っておきたい海外リゾート挙式の心得 ハワイで挙式をしようと思っている方なら、ここは抑えておいた方がいいかも!というポイントをご紹介。 海外リゾートでの挙式といえば、やっぱり日本にはないロケーションの見事さと自然豊かな風景です。
それにハネムーンだけでなく互いの家族を呼んで行えば、日本国内で結婚式を開くよりも、うんと安上がり!
Hiroくんの両親はそれまで海外旅行の経験がなかったから、向こうで挙げることで親孝行出来たって喜んでいました。
プラス家族旅行にもなるし、私たちにはちょうどよかったみたい。でも、ハワイに行ったら日本みたいには簡単にあれこれ手配が出来る訳でもないので、それなりに準備や心得が大事っていうのも感じました。そこでこれからハワイで挙式をしようと思っている方なら、ここは抑えておいた方がいいかも!というポイントをご紹介したいと思います。

海外リゾート挙式の種類って?

リーガル式

リーガル式 挙式のスタイルにはそれぞれの国によってさまざまなものがあります。
ただ式を挙げるだけならともかく、法的に効力がある婚姻届となると、ハワイではリーガル式と呼ぶものが必要となります。
これにはある条件があるので注意して欲しいんですが、つい、海外で結婚式を挙げる時、事前に日本で入籍しておきたくなるじゃないですか。でも、このリーガル式では日本で入籍していないことこそ、条件なのです。ですので、ハワイで挙式をするならまず、式場に事前確認をしておいて下さい。そうした手続きをきちんとすれば、日本の戸籍にも海外で挙式をした記録がちゃんと残りますよ

ブレッシング式

ブレッシング式 リーガル式と正反対なのがこのブレッシング式です。日本で入籍してからの海外挙式。ブレッシングは結婚を祝福するという意味。なんだかステキですよね。
ただ、この場合の注意点はパスポートの名義も必ず夫婦であるよう、事前に変更しておくことが条件なので、日本式に入籍を先に済ませておいてから渡航するようにして下さい。
ちなみにMariとHiroくんはこの方法でハワイでの式をしました

人前式

人前式 文字通り宗教や宗派に関係なく参列してくれた人達の前で結婚の誓いをするものです。 例えば、海外でビーチウェディングをする場合がこれに当てはまります。
他にも船上ウェディングやガーデンウェディングも同じです。ほとんど披露宴みたいな、自由度が高いものと考えて下さいね。

海外リゾート挙式のポイント

ドレスの手配

ドレスの手配 海外のリゾートで挙式をする時、ウェディングドレスって一番の問題ですよね。だって持ち運ぶにはかなりの荷物になるし、かといって向こうで自分の好みが見つかるかどうかの保障もないですから。
あと、よくあるのが自分にフィットするサイズがあるかどうかということ。そういう女性なら一番妥協したくないウェディングドレスだけに、国内から持ち込みたいのは当然かもしれません。
Mariはどっちかというと小柄で標準体型だったから、重たい荷物より現地での手配に切り替えちゃいました。それに最近では日本にいながらにして現地で近いイメージのものをセレクト出来るレンタルを使える会社も増えています。
それにハワイでは正装とされているアロハで、現地スタイルの式も挙げられるからそれもありかなと思います。

続きを読む
Mariのハッピーハワイウェディング体験談
ページトップへ戻る